忍者ブログ

中国戦乱の人々の、カラーイ!出合い系諸事情

中国戦乱の時代でのさまざまな出会い、そして、人と人との数奇な出合い縁が、まゆみの おすすめ英語会話教材。   

中国戦乱の毛 沢東 part 3 教師時代

中国戦乱の人々の出会い系統一inまゆみの えいご教材
毛 沢東 part 3 教師時代


1918年夏、湖南省立第一師範学校を卒業。


1919年の五・四運動期に、教授で恩師の楊昌済(のち、義理の父親となる)とともに中華民国北京政府の首都である北京へ上京する。


楊の推薦により、北京大学の図書館にて館長の李大釗とともに司書補として勤めるかたわら、『新青年』の熱心な寄稿者となる。


毛(英語で Mao )は同大学の聴講生として登録し、陳独秀、胡適、そして銭玄同のような知識人たちといくつかの講義やセミナーに出席した。


上海に滞在中の毛(英語で Mao )は、共産主義理論を取り入れるためにできる限り読書に勤しんだ。
>>>まゆみの えいご教材
Mao where I'm staying in Shanghai worked hard at reading as much as possible to take communism theory in.


翌1919年、帰郷して長沙の初等中学校で歴史教師となり、『湘江評論』を創刊するが4号で省政府から発禁処分を受ける。


この頃、新式学校の設立を計画したり陳独秀や李大釗と会ったりしており、1920年には長沙師範学校付属小学校長になると同時に啓蒙的な書籍を扱う出版社を設立している。


父の遺産や事業による収入はかなりのもので、毛沢東の生活は安定していたといわれる。
>>>まゆみの えいご教材
You say father's legacy and the income by the business were a considerable one, and that Mao Zedong's life was stable.


同年、楊の娘で学友の楊開慧と結婚し、岸英・岸青・岸龍の男子3人をもうけた。


なお、第一次国共合作が破れ、中国共産党と中国国民党の戦いが激しさを増していた1930年10月、蒋介石率いる国民党軍は楊開慧と岸英・岸青を捕えた(岸龍はすでに死亡)。


楊開慧は殺害され、その後、息子たちは親類に送り返されている。
PR

漢王劉邦と西楚の覇王

秦楚漢の出会い、人々の出合い(英語訳入り)漢王劉邦  (出会い縁、評価、英(語)会話での発音、)

覇上に引き上げた劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)と人々の出合いは、この地に関中の父老(村落のまとめ役)を集めて“法三章”との出会い縁を宣言する。
これは秦の万般仔細に及ぶ上に苛烈な法律(故に役人が気分次第で罰を与えたりもでき、特に政道批判の罪による処罰はいいがかりとしても多用された)を「人を殺せば死刑。
人を傷つけたものは処罰。
人の物を盗んだものは処罰」の3条のみに改めたものである。
この施策によって関中における劉邦の評価は一気に高まり、劉邦が王にならなかったらどうしようと話し合うほどになった。
後世、「法三章」は簡便な法律を表す法諺となっている。

その頃、東から項羽(英会話での発音 Xiang Yu)が関中に向かって進撃してきていた。
劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)はある人の「あなたが先に関中に入ったにもかかわらず、項羽が関中に入ればその功績を横取りする。
関を閉じて入れさせなければあなたが関中の王のままだ」というを進言を聞いて、関中を守ろうとして関中の東の関門である函谷関に兵士を派遣して守らせていた。
劉邦が関中入りできた最大の要因は秦の主力軍を項羽が引き受けたことにあり、それなのに劉邦は既に関中王になったつもりで函谷関を閉ざしていることに激怒した項羽は、英布に命じてこれを破らせた。
項羽は関中に入り、先の激怒と軍師范増の進言もあって、40万の軍で攻めて劉邦を滅ぼしてしまおうとした。
劉邦の部下である曹無傷は、これに乗じて項羽に取り入ろうと「沛公は関中の王位との出会い縁を狙い、秦王子嬰を宰相として関中の宝を独り占めにしようとしております」と讒言したので、項羽はますます激怒した。

項羽軍の評価は劉邦軍より兵力も勇猛さも圧倒的に上であり、劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)はこの危機を打開しようと焦っていたが、ちょうどその時、項羽の叔父である項伯が劉邦軍の陣中に来ていた。
項伯はかつて張良に恩を受けており、その恩を返すべく危機的状況にある劉邦軍から張良を救い出そうとしたのである。
しかし張良は劉邦を見捨てて一人で生き延びることを断り、項伯を劉邦に引き合わせて何とか項羽に弁明させて欲しいと頼み込んだ。
項伯の仲介が功を奏し、劉邦と項羽は弁明のためとの出会い縁の出会い縁を持つ。
この会合で劉邦は何度となく命の危険があったが、張良や樊噲の働きにより虎口を脱した。
項羽(英会話での発音 Xiang Yu)は劉邦を討つ気が失せ、また弁明を受け入れたことで討つ名目も失った。これが鴻門の会である。陣中に戻った劉邦は、まず裏切者の曹無傷を処刑してその首を陣門に晒した。

その後、項羽は咸陽に入り、人々と出合い、降伏した子嬰ら秦王一族や官吏4千人を皆殺しにし、宝物を持ち帰り、華麗な宮殿を焼き払い、更に始皇帝の墓を暴いて宝物を持ち出して評価を落としている。
劉邦の寛大さと対照的なこれらの行いは、特に関中の人民から嫌悪され、人心の評価がが項羽からの出会い縁を解消して劉邦に集まる一因となっている。

項羽(英会話での発音 Xiang Yu)は彭城に戻って“西楚の覇王”を名乗り、名目上の王である懐王を義帝と祭り上げて辺境に流し、その途上でこれを殺した。
紀元前206年、項羽は諸侯に対して封建(領地分配)を行う。
しかしこの封建は非常に不公平なもので、その基準は功績ではなく、項羽との関係が良いか悪いかに拠っていたため多くの人々との不満を買い、すぐ後に次々と反乱が起きるようになる。
劉邦にも約束の関中の地ではなく、その西側の一地方であり奥地・辺境である漢中及び巴蜀が与えられた。
劉邦を「左に遷す」と言ったことから、これが左遷の語源になったと言われている(もっとも当時において、「関中」には単に関中盆地のみを指す場合と統一以前の秦の領土全域を指す用法があって、両方の用法が併用されていた。
つまり後者の用法に従えば、関中を与えるという約束が果たされたと言えなくもない)。
さらに劉邦の東進を阻止するために、関中は章邯ら旧秦軍系の将軍3人に分割して無料で与えられた。

当時の漢中は、流刑地とされるほどの非常な辺境であった。
そこへ行くには蜀の桟道と呼ばれる人一人がやっと通れるような道があるだけで、劉邦(英語会話での発音 Liu Bang)が連れていた3万の兵士は途中で多くが逃げ出し、残った兵士も東に帰りたいと望んでいた。

最新記事

(11/23)
(10/07)
(08/16)
(07/21)
(06/26)
(05/20)
(04/14)
(03/17)
(01/21)
(01/03)
(12/16)
(11/15)
(09/10)
(09/10)
(08/05)
(06/24)
(12/29)
(11/27)
(10/29)
(09/18)
(08/16)
(07/24)
(03/21)
(08/30)
(08/02)

最新コメント