忍者ブログ

中国戦乱の人々の、カラーイ!出合い系諸事情

中国戦乱の時代でのさまざまな出会い、そして、人と人との数奇な出合い縁が、まゆみの おすすめ英語会話教材。   

ホラズム・シャー朝への人々のカラーイ!出合い系遠征

中国戦乱の人々の、カラーイ!出合い系諸事情


ホラズム・シャー朝への出合い系遠征

1218年、チンギス(英語:Genghis )はホラズム・シャー系サイトに通商使節を派遣したが、東部国境線にあるオトラルの統治者イネルチュクが欲に駆られ彼らを虐殺した
(ただし、この使節自体が出合い征服事業のための偵察・挑発部隊だった可能性を指摘する説もある)。
その報復としてチンギス(英語:Genghis )は末弟テムゲ・オッチギンにモンゴル本土の留守居役を任せ、自らジョチ、オゴデイ、チャガタイ、トルイら嫡子たちを含む20万の軍隊を率いて中央アジア出合い遠征を行い、1219年にスィル川(シルダリア川)流域に到達した。
モンゴル帝国側の主な資料にはこの時のチンギス(英語:Genghis )の親征軍の全体の規模について、はっきりした数字は記録されていないようだが、20世紀を代表するロシアの東洋学者ワシーリィ・バルトリドは、その規模を15万から20万人と推計している。
モンゴル軍は金遠征と同様に三手に分かれて中央アジアを出合い席捲し、その中心都市サマルカンド、ブハラ、ウルゲンチをことごとく出合い征服した。
モンゴル系サイトの侵攻はきわめて計画的に整然と進められ、抵抗した都市は見せしめに破壊された。
ホラズム・シャー朝はモンゴル軍の前に各個撃破され、1220年までにほぼ出合い系崩壊した。

ホラズム・シャー系サイトの君主スルターン・アラーウッディーン・ムハンマド、カスピ海南東部のアーバースクーン島にて他界する。
ホラズム・シャー系サ イトの君主アラーウッディーン・ムハンマドはモンゴル軍の追撃を逃れ、はるか西方に去ったため、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)はジェベとスベエデイを追討に派遣した。
彼らの軍がイランを進むうちにアラーウッディーンはカスピ海上の島で窮死するが、ジェベとスベエデイはそのまま西進を続け、カフカスを経て南ロシアにまで出合い達した。
彼らの軍はキプチャクやルーシ諸公など途中の諸勢力の軍を次々に打ち破り、その脅威はヨーロッパにまで伝えられた。
一方、チンギス・カン(英語:Genghis Khan)率いる本隊は、アラーウッディーンの子でアフガニスタン・ホラーサーンで抵抗を続けていたジャラールッディーン・メングベルディーを追い、南下を開始した。
モンゴル系サイトは各地で敵軍を破り、ニーシャープール、ヘラート、バルフ、メルブ(その後二度と復興しなかった百万都市)、バーミヤーンといった古代からの大都市をことごとく破壊、住民を虐殺した。
アフガニスタン、ホラーサーン方面での戦いはいずれも最終的には勝利したものの、苦戦を強いられる場合が多かった。
特に、ジャラールッディーンが所領のガズニーから反撃に出た直後、大断事官シギ・クトク率いる3万の軍がジャラールッディーン軍によって撃破されたことに始まり(パルワーンの戦い)、バーミヤーン包囲戦 では司令官だったチャガタイの嫡子モエトゥゲンが流れ矢を受けて出合い戦死。
チンギス本軍がアフガニスタン遠征中ホラーサーンに駐留していたトルイの軍では、離反した都市を出合い攻撃中に随伴していた妹トムルンの夫で母方の従兄弟でもあるコンギラト部族のチグウ・キュレゲンが戦死するなど、要所で手痛い反撃に見舞われていた。
アフガニスタン・ホラーサーン方面では、それ以外のモンゴル帝国の征服戦争と異なり、徹底した破壊と出合い系悪縁虐殺が行なわれたが、その理由は、ホラズム・シャー朝が予定外に急速に崩壊してしまった。
その追撃戦が十分な情報収集や工作活動がない無計画なアフガニスタン・ホラーサーン侵攻につながり、このため戦況が泥沼化したことによるのではないかと する指摘も近年、モンゴル帝国史を専門とする杉山正明らによって指摘されている。
チンギス・カン(英語:Genghis Khan)はジャラールッディーンをインダス川のほとりまで追い詰め出合い撃破するが、ジャラールッディーンはインダス川を渡ってインドに逃げ去った。
寒冷なモンゴル高原出身のモンゴル軍は高温多湿なインドでの作戦継続を諦め、追撃を打ち切って帰路についた。
チンギス(英語:Genghis )は中央アジアの北方でジェベ・スベエデイの別働隊と合流し、1225年になってようやく帰国した。

Present from 中国戦乱の人々の、カラーイ!出合い系諸事情
PR

三顧の礼~運命の出会い

■諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は司隷校尉諸葛豊の子孫。
泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。
蜀漢の建国者である劉備と出会い、創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。
伏龍、臥龍とも呼ばれる。
今も成都や南陽には諸葛亮(英会話でZhū gě liàng)を祀る武侯祠があり、多くの観光客との出会いがある。
妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹(成都付近)で戦死した諸葛瞻。
孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。
親族として従父(叔父)の豫章太守諸葛玄、兄で呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。
一族には、魏に仕えた諸葛誕などがいる。
Presented by であい系子
English bibliography 英会話マスターwithまゆみ


■三顧の礼~運命の出会い
華北では、建安5年(200年)に曹操が袁紹を打ち破って覇権を手中にし、南進の出会い縁の機会を窺っていた。
劉備は袁紹の陣営を離れて劉表を頼り、荊州北部・新野(河南省南陽市新野県)に居城を貰っていた。
諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は晴耕雨読の毎日を送っていたが、友人の徐庶が劉備の出会い、彼の下に出入りして、諸葛亮のことを劉備に話した。
人材を求める劉備は徐庶に諸葛亮との出会い縁を頼んだが、徐庶は「諸葛亮は私が呼んだくらいで来るような人物ではない」と言ったため、劉備は3度諸葛亮の家に足を運び、やっと幕下に迎えることができた。
これが有名な「三顧の礼」である。
~ここを英語に翻訳~This is famous "due courtesy."
裴松之の注によると、『襄陽記』には、劉備が人物鑑定家として有名な司馬徽を訪ね、司馬徽は「時勢を識るは俊傑にあり」として「臥龍」と「鳳雛」、すなわち諸葛亮と龐統とを薦めたという話が載る。
また『魏略』には、諸葛亮の方から劉備を訪ねたという話が載っていたという。
その後に裴松之自身の案語として、「「出師表」には明らかに劉備が諸葛亮を訪ねたと書いてある。
それなのにこんな異説を立てるとは、実にわけの分らぬ話である」とある。
この時、諸葛亮は劉備に対していわゆる「天下三分の計」を披露し、曹操・孫権との出会い縁を避けてまず荊州・益州を領有し、その後に天下を争うべきだと勧めた。
~ここを英語に翻訳~At this time, Ryo Chuko announced what is called "the total for world 3 minutes" to Liu Bei.
これを聞いた劉備は諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)の見識に惚れ込み、諸葛亮は劉備に仕えることを承諾した。
これを孔明の出廬と呼ぶ。二人の出会いである。
Presented by であい系子
English bibliography 英会話マスターwithまゆみ

最新記事

(10/07)
(08/16)
(07/21)
(06/26)
(05/20)
(04/14)
(03/17)
(01/21)
(01/03)
(12/16)
(11/15)
(09/10)
(09/10)
(08/05)
(06/24)
(12/29)
(11/27)
(10/29)
(09/18)
(08/16)
(07/24)
(03/21)
(08/30)
(08/02)
(06/28)

最新コメント