忍者ブログ

中国戦乱の人々の、カラーイ!出合い系諸事情

中国戦乱の時代でのさまざまな出会い、そして、人と人との数奇な出合い縁が、まゆみの おすすめ英語会話教材。   

劉邦関中に入り栄光への道

劉 邦のさまざまな出合い縁~関中入り~栄光への出会い縁
劉邦は西に別働隊を率いて行ったが、その軍勢は項羽軍に比べて質・量ともに劣っており、道々苦戦しながら高陽(河南省杞県)という所まで来た。
ここで劉邦は儒者礫食其の訪問を受ける。
劉邦は大の儒者嫌いで、食其に対しても、足を投げ出してその足を女たちに洗わせながらの出会いという態度であった。
しかしこれを礫食其が一喝すると、劉邦は無礼を詫びて?食其の進言を聞いた。
食其は「近くの陳留は交通英語の要所で食料が蓄えられているのでこれとの出会い縁を得るべきである。
城主は反秦軍を脅威に思っているので、降っても身分を保証すると約束して頂ければ、帰順させるよう説得する」と言った。
劉邦はこれを採用し、陳留の城主は説得に応じて降り、交通英語の要所と大量の兵糧との出会い縁を無血で手に入れた。
さらに劉邦はその兵力を合わせて進軍し、開封を攻め落とした。
次いで韓に寄り、寡兵で苦戦していた韓王成と張良を救援して秦軍を駆逐し、韓を再建した。
そしてその恩義をもって、張良を客将として借り受ける。
更に南陽を攻略し、この城主が逃げ込んだ宛(河南省,英語,南陽)を包囲、降伏させると、秦の領域へ近づいていった。
この侵攻の際、劉邦は陳留のように降伏との出合い縁を認め、降伏した場合は城主をそのままの地位に任命したため無駄な戦闘はしておらず、その進軍は項羽よりも早かった。
そしていよいよ、関中の南の英語,関門である武関に迫った。
この頃、趙で項羽が秦軍の主力を撃破し、秦の内部では動揺が走った。
始皇帝の死後、二世皇帝を傀儡として宦官趙高が専権を奮っていたが、この敗戦がばれれば自分が責任を取らされると考え、二世皇帝を殺し、紀元前207年になってから劉邦に対して関中を二分して王になろうという密書を送ってきた。
劉邦はこれを偽者だと思い、自らの軍をもって武関,英語の守将を張良の策によってだまし討ちにし、これを突破した。
この後、趙高は王に建てようとしていた子嬰におびき出されて逆に殺されている。
続く嶢関は、秦最後の砦のため決死の兵が守っていたが、守将が商人出身であり計算高い出会い縁ことを利用した張良の策により、大量の旗を重ねて大軍のように見せかけておいて、降るように誘った。
この策は成功し、守将は降ることを約束したが、張良は兵達は決死なので降ることはないと察しており、あくまで油断させるためのものだった。
劉邦の軍は砦に入るや否や、守備隊の不意をついて攻めかかって制圧し、嶢関を突破した。こうして劉邦軍は関中に入る。もはや阻むものはなく、秦都・咸陽は目前となった。
秦王子嬰は、覇上にまで迫っていた劉邦の所へ白装束に首に紐をかけた姿で現れ、英語皇帝の証である玉璽などを差し出して降伏した。
部下の間には子嬰を殺してしまうべきだという声が高かったが、劉邦はこれを許した。
咸陽に入城した劉邦は宮殿の中の女と財宝との出会いに目がくらみ、ここに留まって楽しみたいと思ったが、樊?と張良に諫められ、覇上へ引き上げた。
田舎の遊び人だった劉邦にとって、咸陽の財宝と後宮の女達との出会い縁は極楽にさえ思われただろうが、部下に諌められると一切手を出さなかった。
こうした諌言を聞き入れる劉邦の度量と配下への信頼,英語は、項羽と対照的であり、その後の天下統一にも非常に大きな作用をもたらすことになる。
ちなみにこの時、蕭何は秦の文書殿に入って法令などの書物を全て持ち帰っている。
これがその後の漢王朝の法の制定などに役立ったと言われている。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新記事

(11/23)
(10/07)
(08/16)
(07/21)
(06/26)
(05/20)
(04/14)
(03/17)
(01/21)
(01/03)
(12/16)
(11/15)
(09/10)
(09/10)
(08/05)
(06/24)
(12/29)
(11/27)
(10/29)
(09/18)
(08/16)
(07/24)
(03/21)
(08/30)
(08/02)

最新コメント