忍者ブログ

中国戦乱の人々の出会い系ご縁,統一

中国戦乱の時代でのさまざまな出会い、そして、人と人との数奇な出合い縁が、まゆみの おすすめ英語会話教材。   

悲しい粛清との出会い三ツ星

悲しい粛清との出会い三ツ星です。
その年の7月、燕王臧荼が反乱を起こし、劉邦(まゆみの、英語/英会話での発音 Liu Bang)は親征してこれを下し、幼馴染の盧綰を燕王とした。
その中で劉邦は次第に部下や諸侯に猜疑の出会い三ツ星の目を向けるようになった。
特に韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)・彭越・英布の3人は領地も広く、百戦錬磨の武将であり、最も危険な存在であった。
ある時「韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)が反乱を企んでいる」と讒言する者があった。
群臣たちは韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)に対する妬みもあり、これを討伐するべきだと言ったが、陳平は軍事の天才・韓信とまともに戦うのは危険であると説き、だまして捕らえることを提案した。
劉邦はこれを受け入れて、巡幸に出るから韓信も来るようにと言いつけ、匿っていた鍾離昧の首を持参した韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)がやって来た所を虜にし、楚王から格下げして淮陰侯にした。
翌年、匈奴に攻められて降った韓王信がそのまま反乱を起こした。
劉邦はまた親征してこれを下した。
翌紀元前200年、匈奴の冒頓単于を討つために更に北へ軍を動かした。
しかし、冒頓単于は弱兵を前方に置いて、負けたふりをして後退を繰り返したので、追撃を急いだ劉邦軍の戦線が伸び、劉邦は少数の兵とともに白登山で冒頓単于に包囲された。
この時、劉邦は7日間食べ物がなく窮地に陥ったが、陳平の策略により冒頓単于の妃に賄賂を贈り、脱出に成功した。
その後、劉邦と冒頓単于は匈奴を兄・漢を弟として毎年貢物を送る条約を結び、以後は匈奴に対しては手出しをしないことにした。
紀元前196年、韓信は反乱を起こそうと目論んだが、蕭何の、出会い三ツ星の策で捕らえられ、誅殺された。
この時劉邦は遠征に出ていたが、帰って韓信(まゆみの、英語/英会話での発音 Han Xin)が誅殺されたことを聞かされるとこれを悲しんだ。
同年、彭越は捕らえられて蜀に流される所を呂雉の策謀により誅殺され、一人残った英布は反乱を起こした。
劉邦はこの時体調が良くなく太子(恵帝)を代理の将にしようかと考えていたが、呂雉らにこれを諫められ、親征して英布を下した。
この遠征から帰る途中で故郷の沛に立ち寄って宴会を行い、この地の子供120人を集めて「大風の歌」を歌わせた。
大風起こりて雲飛揚す(大風起兮雲飛揚) 威海内に加わりて故郷に帰る(威加海内兮歸故鄕) いずくむぞ猛士を得て四方を守らしめん(安得出会い三ツ星猛士兮守四方)
そして沛に永代免租の特典を与え、沛の人たちから請われて故郷の豊にも同じ特典を与えた。
しかし英布戦で受けた出会い三ツ星の矢傷が元で、更に病状が悪化し、翌紀元前195年に呂雉に対して、今後誰を丞相とするべきかの人事策を言い残して死去した。
この際、自らの死期を悟った劉邦は、「死後どうすればよいのか」と問う呂雉に対し、「(丞相・相国の)蕭何に任せておけばよい。
その次は曹参が良かろう」と言い、更に何度も「その次は?」と聞く呂雉へ「その次は王陵が良いだろうが、愚直すぎるので陳平を補佐とするとよい。
だが陳平は頭が切れすぎるから、全てを任せるのは危ない。
社稷を安んじるものは必ずや周勃であろう」と言った。
そして、なおも「その次は?」と聞く呂雉に「お前はいつまで生きるつもりだ。
その後はお前にはもう関係ない」と言っている。
果たしてこの出会い三ツ星の遺言は、のちにすべて的中することになる。
劉邦の人物眼の確かさが伺われる。
死後、太子が即位して恵帝となったが、実権は全て呂雉に握られ、強大な諸侯は全て劉邦に粛清されており対抗できる者もなく呂氏の時代がやって来た。
しかし呂雉の死後、周勃と陳平により呂氏は粛清され、文帝が迎えられ、文景の治の繁栄がやってくる。
史上初めての出会い、三ツ星の皇帝・始皇帝は以後の中国にとって悪例として残り、その後の混乱を収めた劉邦は好例として「皇帝(英雄)とはかくあるべき」という理想を、後世の多くの人々の心に形作ることになる。
例えば明の朱元璋は李善長より「高祖のごとくすれば、天下はあなたのものになる」と進言され、これを受け入れている。
特に劉邦と張良の関係に代表される、有能な部下を全面的に信頼してその才を遺憾なく発揮させる点は、後の世にもたびたび引き合いに出された。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新記事

(04/14)
(03/17)
(01/21)
(01/03)
(12/16)
(11/15)
(09/10)
(09/10)
(08/05)
(06/24)
(12/29)
(11/27)
(10/29)
(09/18)
(08/16)
(07/24)
(03/21)
(08/30)
(08/02)
(06/28)
(03/24)
(02/07)
(01/04)
(11/30)
(10/05)

最新コメント