忍者ブログ

中国戦乱の人々の、カラーイ!出合い系諸事情

中国戦乱の時代でのさまざまな出会い、そして、人と人との数奇な出合い縁が、まゆみの おすすめ英語会話教材。   

中国戦乱の人々の出会い系統一 毛 沢東 part 9 文化大革命

中国戦乱の人々の出会い系統一

毛 沢東 part 9 文化大革命

大躍進政策の失敗は毛沢東の権威を傷つけた。
1959年4月27日、毛沢東(英語で Mao Zedong)は大躍進政策の責任を取って国家主席の地位を劉少奇に譲ることとなった。
Mao Zedong took responsibility for a great advance policy and transferred the status of the state chief to Liu Shao-qi on April 27, 1959.
(by 英語会話教材)

同年7月から8月にかけて江西省廬山で開催された党中央政治局拡大会議(廬山会議)では、毛(英語で Mao )と同郷であった国防部長(大臣)の彭徳懐から大躍進政策の見直しを迫られた。
毛は彭徳懐とその支持者を「右翼日和見主義反党軍事集団」というレッテルを貼って粛清した。
廬山会議以降、毛はさらに強硬的になって大躍進政策を推進しようとしたが、飢餓が全土に拡大して餓死者がますます増加していき、ついに毛は1962年1月に開催された「七千人大会」において大躍進政策に対する自己批判をせざるを得ない状況にまで追い込まれた。
この大会を機に政治の実権は劉少奇-鄧小平ラインに移ることとなり、毛沢東の権力は大きく低下した。
劉少奇や鄧小平が経済調整に乗り出し、農業集団化を見直した結果、農村の飢餓状態が改善されると、党・国家機構における毛沢東の威信はますます減退していった。
しかし、彭徳懐に代わって国防部長となった林彪によって1964年に『毛沢東語録』が出版されるなど、大衆に対する毛沢東への神格化は着実に進められ、毛沢東は密かに奪権の機会をうかがっていた。
But such as "the Thoughts of Chairman Mao" was published by Lin Biao who became a national defense chief director for houtokufutokoro in 1964, godhood to Mao Zedong to the public was advanced steadily, and Mao Zedong was waiting for an opportunity of datsuken secretly.
(by 英語会話教材)


1965年11月、歴史学者で北京市副市長でもあった呉晗が執筆した京劇戯曲『海瑞罷官』を批判した姚文元の「新編歴史劇『海瑞罷官』を評す」の論文が上海の新聞『文匯報(ぶんわいほう)』に掲載、これが端緒となり、1966年5月、北京大学に反革命批判の大字報(壁新聞)が貼り出され、大学などの教育機関や文化機関を中心に、党・国家機関に対する「造反」が起こった。過激派となった青少年は「紅衛兵」と称して、各地で暴動を引き起こした。
毛沢東(英語で Mao Zedong)は過激派青年たちの暴力行為に対し「造反有理(謀反には理由がある)」として積極的に支持した。
8月5日、毛は「司令部を砲撃せよ ― 私の大字報」と題する指示を『光明日報』に発表し、劉少奇打倒を示唆した。
8月18日には、自ら天安門広場に赴き、100万名の紅衛兵を謁見して彼らを煽動、「四旧打破」のスローガンを打ち立てた。
紅衛兵運動は全国の学生ら、青年層に拡大した。

このようにして、劉少奇・鄧小平らを実権派(経済政策の調整・柔軟化を唱える党員は、「走資派」というレッテルを貼られた)・修正主義者(「スターリン批判」をきっかけに個人崇拝を厳しく戒め始めた当時のソ連共産党・フルシチョフ路線に倣い、毛沢東に対する個人崇拝の見直しと、代替権力として党官僚の強化を唱えた党員をこう呼称した)として糾弾する広汎な暴力的大衆運動、すなわち「プロレタリア文化大革命(文革)」への流れが決定付けられた。
この頃個人崇拝の対象に祭り上げられた毛は「偉大的導師、偉大的領袖、偉大的統帥、偉大的舵手、万歳、万歳、万万歳」と称えられていた。
Mao flattered by a target of personal worship these days was praised with "great imaum, great leader, great command, great helmsman, cheer, cheer and cheers".
(by 英語会話教材)

文化大革命では紅衛兵による大量の殺戮が行われ、その範囲は劉少奇(1968年に失脚)ら中央指導部、教師ら「知識人」、中国国民党と少しでも関わりのあった者まで及んだ。
彼らの家族までも紅衛兵によって徹底的に迫害された。
また、紅衛兵運動は文化財を破壊するなどの極端な「左」傾偏向主義運動に発展した。
文化大革命による犠牲者の合計数は数百万から数千万とも言われている。
この流れのなか、毛沢東の奪権目標であった劉少奇・鄧小平らの「実権派」は次々と打倒されたが、紅衛兵組織は互いに抗争を始め、毛沢東ですら統制不可能な状況に陥った。
これを受けて1968年、毛沢東(英語で Mao Zedong)は学生たちの農村への下放を指示した。

文化大革命が発動されて以来、毛沢東の下で実権を掌握したのは党副主席兼国防部長の林彪と毛の妻で党中央政治局委員の江青らであった。
とりわけ林彪は毛沢東の後継者とされたが、その後毛と対立し、1971年にクーデターを計画したが失敗。
林彪は亡命しようとしたが、搭乗した空軍機がモンゴル領内で墜落し、死亡した(林彪事件)。
林彪失脚後、毛は人材難から鄧小平らかつて失脚した者を政権内に呼び戻しポストを与えた。
________________________________________________________________________

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新記事

(10/07)
(08/16)
(07/21)
(06/26)
(05/20)
(04/14)
(03/17)
(01/21)
(01/03)
(12/16)
(11/15)
(09/10)
(09/10)
(08/05)
(06/24)
(12/29)
(11/27)
(10/29)
(09/18)
(08/16)
(07/24)
(03/21)
(08/30)
(08/02)
(06/28)

最新コメント