忍者ブログ

中国戦乱の人々の、カラーイ!出合い系諸事情

中国戦乱の時代でのさまざまな出会い、そして、人と人との数奇な出合い縁が、まゆみの おすすめ英語会話教材。   

三顧の礼~運命の出会い

■諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は司隷校尉諸葛豊の子孫。
泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。
蜀漢の建国者である劉備と出会い、創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。
伏龍、臥龍とも呼ばれる。
今も成都や南陽には諸葛亮(英会話でZhū gě liàng)を祀る武侯祠があり、多くの観光客との出会いがある。
妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹(成都付近)で戦死した諸葛瞻。
孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。
親族として従父(叔父)の豫章太守諸葛玄、兄で呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。
一族には、魏に仕えた諸葛誕などがいる。
Presented by であい系子
English bibliography 英会話マスターwithまゆみ


■三顧の礼~運命の出会い
華北では、建安5年(200年)に曹操が袁紹を打ち破って覇権を手中にし、南進の出会い縁の機会を窺っていた。
劉備は袁紹の陣営を離れて劉表を頼り、荊州北部・新野(河南省南陽市新野県)に居城を貰っていた。
諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)は晴耕雨読の毎日を送っていたが、友人の徐庶が劉備の出会い、彼の下に出入りして、諸葛亮のことを劉備に話した。
人材を求める劉備は徐庶に諸葛亮との出会い縁を頼んだが、徐庶は「諸葛亮は私が呼んだくらいで来るような人物ではない」と言ったため、劉備は3度諸葛亮の家に足を運び、やっと幕下に迎えることができた。
これが有名な「三顧の礼」である。
~ここを英語に翻訳~This is famous "due courtesy."
裴松之の注によると、『襄陽記』には、劉備が人物鑑定家として有名な司馬徽を訪ね、司馬徽は「時勢を識るは俊傑にあり」として「臥龍」と「鳳雛」、すなわち諸葛亮と龐統とを薦めたという話が載る。
また『魏略』には、諸葛亮の方から劉備を訪ねたという話が載っていたという。
その後に裴松之自身の案語として、「「出師表」には明らかに劉備が諸葛亮を訪ねたと書いてある。
それなのにこんな異説を立てるとは、実にわけの分らぬ話である」とある。
この時、諸葛亮は劉備に対していわゆる「天下三分の計」を披露し、曹操・孫権との出会い縁を避けてまず荊州・益州を領有し、その後に天下を争うべきだと勧めた。
~ここを英語に翻訳~At this time, Ryo Chuko announced what is called "the total for world 3 minutes" to Liu Bei.
これを聞いた劉備は諸葛亮(英会話の発音 Zhū gě liàng)の見識に惚れ込み、諸葛亮は劉備に仕えることを承諾した。
これを孔明の出廬と呼ぶ。二人の出会いである。
Presented by であい系子
English bibliography 英会話マスターwithまゆみ
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新記事

(07/21)
(06/26)
(05/20)
(04/14)
(03/17)
(01/21)
(01/03)
(12/16)
(11/15)
(09/10)
(09/10)
(08/05)
(06/24)
(12/29)
(11/27)
(10/29)
(09/18)
(08/16)
(07/24)
(03/21)
(08/30)
(08/02)
(06/28)
(03/24)
(02/07)

最新コメント